Return to site

Q. 親が家で練習をみなくてはいけませんか?

A.そんなことはございません

時々、こういったことを聞かれます。

「子どもにピアノを習わせたいが、やはり家では親が練習の付き添いをした方が良いのか?」

確かにこつこつ練習しなければ上達はしませんし、せっかくお金も払ってるのだから上手になってほしいですよね。

とはいえ、私はこうお答えしております。

A. その必要はございません。

何故なら、私はピアノを「楽しんで続ける」ことを最重要視しているからです。

「こうせねば」「これをしなきゃいけない」

この言葉には、義務感とストレスしか感じられません。

「必ず上達しなければ意味がない」なんて、習い事でそんなことはないんですね。

ただ、親子で一緒に「楽しくお家で取り組める」のであれば、ぜひ一緒にピアノを楽しんでみてくださいね!

ですので、アンサーとしては

「親が楽しくてやりたいのであれば、ぜひお家でもお子様と一緒にピアノに向かってみてください」

「しかし、義務感で練習につき添わなければ、という気持ちならやらなくて大丈夫♪」

つまりは親が楽しければOK、楽しくなければやらなくてOK、というシンプルなものです。

とはいえ、「家での子どもの練習に付き添ったいいですか?」という質問自体、

「せねばならない」の義務感が前提にあるのが感じられますので、こう聞かれた場合には「大丈夫ですよ♪」とお答えしております。

試しにネットで検索したところ。

「子どものピアノの練習の付き添いがしんどい」といった悩み事の投稿を多く見かけました。

なんということでしょう・・・涙

そして反対に

「生徒が毎日練習してこない、と悩むピアノ講師」の悩み事もありました。

なんということでしょう・・・涙

違うんです。

もう本当にシンプルでいいんです。

「楽しいならすればいい。楽しくないならやらなくていい」のです。

「それで家で全然練習しなくなったらどうするの?」と聞かれたら。

そして、全然練習しないままレッスンに来た時は。

私は「では、レッスンで一緒に練習しましょうね♪」と生徒に言っています。

私自身は、子どもの頃からプロになりたくて留学も考えていて、

親に毎日練習に付き添われながら弾いていました。

だけど、それはプロになりたかったからであって。

子ども本人も、親も、「趣味として教養として習わせたい」という気持ちであるなら

練習してこないことは、何一つ「悪」ではないのです。

むしろ、「こうせねばならない」の義務感とストレスの方が、こどもの感受性の面ではよほどデメリットなのです涙

音楽を、教養や感受性の豊かさのために習わせたかったはずなのに

余計に心を縛る方向へ向かってしまったら本末転倒のぎゃー!なのです。

私はこういった、「自由」を大事にするスタンスで

気が合う方は教室に来てくださったら嬉しいし、

このやり方が好きではない方は、別のお教室を探していくのだろうと思っています。

都内には沢山のピアノを学ぶ場所がありますからね。

ぜひ自身のスタイルと合うところを見つけてみてください。

ですので、私自身はこどもの頃から毎日毎日練習していましたし、

こうしてピアノ教室を経営しておりますが、

ピアノ講師からよく聞く「生徒が練習してこない」ことの何が悩みなのか、本当によく分からないのです。

例えば疲れていたり、モチベーションが上がらない時もあったり

感情の波もあるでしょう。

人間だもの。

とはいえ「こどもが家で弾かなくて困っている。どうすれば練習のモチベーションがあがるのか?」と聞かれた時は、レッスンにて一度その子と対話をし、状態を見て、またLINEにて親御さんに対策を伝えております。

こういう時に、心理カウンセラーの資格を持っていてよかったと感じます。

ただ面白いことに私は「練習は弾きたい時だけでいいよ」というスタンスでやっているんですが

教室に通うこどもたちは、積極的に家で弾いてくる子ばかりなんですよね。

「あ、あんなに習い事があって忙しいのによくここまで練習してきたね!すごいね!」と私の方が感動することもしばしば。

私は練習してきてもこなくても、本当に心底どちらでも良いんですが、

人は自由になると逆に自然と動き出すものなのかもしれませんね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly