Return to site

レッスンにおいて大事なこと

まずは、生徒とラポール(信頼関係)を築くことの大切さ。

これがおろそかになっている習い事の教室は、まだ多いように見受けられます。

それから、まるでベルトコンベアのように次から次へ生徒が教室にやってきて、それをやり繰りするので精一杯という先生もいらっしゃいます。

これでは、生徒ひとりひとりに真に向き合う時間は、あまり取れないでしょう。

生徒のモチベーションやピアノへの向かい方は、やはり習う先生の影響を大きく受けます。

私は、NLP(アメリカの心理学)を学び、ピアノ講師のかたわらに心理カウンセラーとしての活動も行ううちに、ラポール(信頼関係)の大切さをどんどん痛感していきました。

生徒が楽しく取り組んでいるかどうか。

生徒自身が何を感じ、どう弾きたいのか。

生徒が何かに行き詰まった時は、優しさだけではなくユーモアと厳しさも持ちつつ、先生が一緒に取り組むことが大切になってきます。

そうするうちに、レッスン後の生徒の顔の輝いているのを見ると、こちらまで嬉しくなります。

ですので、コミュニケーションや相性次第で、生徒のモチベーションと可能性は大きく広がっていくことになるんですね。

当教室は、体験レッスンを実施しているので、気軽にピアノのレッスンの雰囲気を感じることができます。

そして、一対一の大切な習い事だからこそ、まずは教室の雰囲気を直に感じることが大事なんですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly