Return to site

毎日練習しなくてはいけないの?

ピアノの教室というと、やはり「お稽古が大変そう」というイメージが多いようです。

ピアノに限らず、プロを目指す方は確かに毎日多くの時間を練習していますし、

私も物心ついた時から、旅行でもない限り毎日練習していた記憶しかありません。

そして、アスリートのように毎日の積み重ねがなければ、ライバル達との熾烈な戦いに打ち勝つことは出来ないのも確かです。

とはいえ!(`・ω・´)

私は小学生のころには音楽留学を夢見ていたし、なんとなく「自分はこのまま音楽の道を進むのだろう」と感じていたため、練習も本気で取り組んでいました。

なので「ピアノを純粋に楽しみたい」という生徒にまで、自分が歩んできた厳しい道をわざわざ押し付ける意味はないと考えています。

「うまいかどうか」ではない。

「楽しいかどうか」こそが、最も大切である。

心から本気でそう思っています。

(なので、教室の名前にもHappyがついております。)

不思議なことに、当教室でレッスンを受けられるお子様に、

「前の教室の先生が厳しすぎて、ピアノが一度いやになった。でもここに通い出してから、ピアノが楽しくなって自発的に練習することが増えた」 というパターンが多いように見受けられます。

私としては、一番一番、嬉しいことです。

「毎日練習しなくてはいけないの?」の答えはひとつ。

「したい時にすればいい」

「疲れてたり、したくない時はしなくていい」

以上です。

ただし「プロになりたい」「音楽留学を考えている」と、真剣に取り組みたい気持ちがある場合は、

「毎日死ぬ気でがんばりましょう!(`・ω・´)」という答えになります。

ライバル達に負けないために、やるしかない。

努力を、楽しんでやりましょう。

やはり、「楽しさ」はどこかで忘れないでいただけたらなと思います。

ちなみに当教室では、はじめに必ず目標や弾きたい曲を聞いています。

(別になくてもOKです♪)

真面目に取り組みたい方・趣味で楽しみたい方。

各々がどのようにピアノに関わりたいのか。

それをお聞きしてから、私も一緒に取り組んでおります。

もしも私が今、趣味で通っているヨガ教室で「毎日ヨガやりなさい!」て叱られたら、しょんぼりしますからね。 (´・ω・`)

大人でもこどもでも限らず、心には「自由」というキーワードが一番大切なのです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly